2007年03月20日

人間の可能性と子供の教育

人間にはものすごい可能性が眠っている

だから、どんなに年を取っても、頑張れば、全く新しい事であっても、ある期間内に努力して身に付ける事ができる。

人間は基本的に、3000時間、訓練すれば、一つのことをものにできると聞いたことがある。

それはある程度、間違いない気がする。

意志があれば。



子供のうちに、人生の全てが決まってしまうかのように、夢中で、習い事や塾などに行かせ、知識を詰め込ませる親たち。

私には愚かに見える。



英語一つとっても、「よし、英語を覚えよう!」と60歳で思い立ったら、そこから努力したって、ものにできる。

それがわかるから、今、無理矢理に嫌々詰め込むよりも、物事への取り組む姿勢や生きる上で大切なことを

より優先して教えるべきだと思っている。

英語がしゃべれたって、平気で、路上にごみを捨てるような人間では失格だ。

パソコンができたって、平気でシルバーシートで足を広げて座ってるような学生ではどうしようもない。

子供の可能性の芽をついばんでいるのはいつも大人たちだ。



他人や自然や物に対する、思いやりの気持ちや大切にする心、

疑問を曖昧にせずに探求しようとする探究心や、取り組む集中力

他者と協調しあって、責任を持って、物事を進めていく力

そういった大切な心の姿勢を、何よりも、育ませなくて、

知識ばかり、身に付けて、最高学府に進んだところで、

この国も、この社会も、行く末は一体どうなるや?

もう結果がでてきてしまっている。

子供たちは犠牲者だ



大人である我々は、学校で教えられなかった最も大切なことをもう一度学び直して、やり直さなければならない

人生そのものが学校だ

子供と共にもう一度、学び直さなければならない




学び、学ばされ、教え、教えられ、

揉まれ揉まれて、次第次第に、輝きを増していく

最高の輝きを獲得するまで

永遠の輝きを獲得するまで









posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 22:26 | TrackBack(0) | 人間の可能性
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。