2008年05月04日

一つのメッセージができる時

一つのメッセージができる時って、

早い時は本当にあっという間にできてしまう

思いが高じていたりするので、その心の勢いで書けてしまうところがある



でも、できない時は、本当にできない

途中で手も頭も止まってしまう

そんな時はすぐやめるようにしている

その内容が自分の心にしっかり入ってないからだと思う



そう考えてみれば、これまでに150以上のメッセージができたということは、

結構、簡単なことではなかったのかもしれないと今更ながらに思う

一つできるのに、すべてそれなりの背景があるからだ

一つのメッセージを補足する説明とか文章を別に書いたら、きっとその文の何倍かの量の文章を書くことになっていくと思う



だから改めて思うのは、ここのメッセージはまさに私の分身であり、私の人生の一部なのだ

1年前には絶対に書けなかったような文章が最近ようやく書けているケースも間違いなくある


だから生きているのである。呼吸しているのである。自分の人生とともに進化しているのである。



一つのメッセージのできる時、それはまさに自身の人生における鼓動、心が鼓動している時なのである






posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 00:47 | TrackBack(0) | "時"
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/95563018
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。