2007年11月21日

体質が変わってしまった

この1,2ヶ月で大きく体質が変わってしまった。

病気ではないし、生活上困っていたわけでもないが、

これまでは、コーヒーを飲むと、すぐに腹を下していたのだが、

それが全くなくなってしまった。

コーヒーによる利尿作用は勿論作用しているが、

下ることが全くない。

腸の働きが活発になり、新陳代謝が活発になっている。



腸をそのようにさせた原因は、脳からの作用と、無意識の腹式呼吸だろうと思う。

では、脳からの作用は何に起因しているのかと言えば、

意識して、より笑顔を作るようにしたことだ。

笑顔によって、脳にある作用が起こり、

”脳腸相関”というほどに、脳と腸が密接に関わりを持っているゆえ、腸にも影響を及ぼす。

また笑うことは、腹筋を使い、無意識に腹式呼吸にもなっているようだ。

そして、腸にも良い影響を与えていくという。



昔、営業の仕事をやめて、しばらく経ってから、あることが切っ掛けで、あまり無理して最初から笑顔を作らないようにしようと決めた時があった。

自然にまかせようと。

しかし、多分ひょっとしたら、その頃から、最初に書いたように、お腹の状況に異変が起こってしまったのではないかという気が最近している。



少し前に書いたブログ記事に、”喜べない時にこそ、笑顔を・・・”と書いた。

これは、”当たり”である。

体質まで改善してしまう。



と同時に、喜べない事自体が、全くと言っていいくらいなくなってきた。



新たな段階のプラスのサイクルに突入し始めた感じだ。

すべてが、喜び、そして、心からの感謝になっていきつつある。





posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 22:22 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。