2007年08月20日

"志"と"同志"

前回書いた、そのSNSには、志をテーマに、人が集まってくる。

そして、その"志"が、次に欲するものは、同"志"である。仲間である。

一人では到底できないことも、二人、三人、と力を結集させれば、

大きなことが可能になっていく。

また、勇気を得られる。



登録している人たちは、少なからず、何らか、仲間や同志を求めているのではなかろうか。

同じような、考えや価値観、志を持っていそうな人を捜し求めているのではなかろうか。

そのために、自分の考えを発信している場合もあろう。



すべてにピッタリ同じと言わないまでも、

この人となら、一緒に何かできるかもしれない、という、

そんな出会いに期待している人も多いかもしれない。



しかし、相手に対して、あまり期待しすぎない方が良いのかもしれない。

自分が、全体のために、回りのために、相手のために何ができるか、


それを、どこまでも追求しながら、

接点を持てる人が現われれば、ラッキー。

そんな感じで、交流していくのが良い気もする。



人は、ちょっと、うまく行きだすと、ついつい取らぬ狸の皮算用で、どんどんいい方にいい方に、期待し考えてしまう。

それほど人が簡単に自分の期待に、思うとおりに応えてくれるわけではない。

逆に、期待してしまえばしまうほど、期待と違う方向に流れていく方が多いかもしれない。



でも、それでもいいではないか。

出会い、縁、それ自体が、とても、素晴らしいことだと思う。

そこから、いろいろなことを学べるから。

きっと、合わない人からの方が、大切な何かを、自分に教えてくれたりするから。

うまくいかない時の方が、大切な何かを、自分に悟らせてくれたりするから。



だから、すべて、実りにつながっている。

すべて、うまくできている。








posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 23:56 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。