2007年05月07日

責任

070504_1412~001.jpg

とてつもなくやることが増え、忙しくなり過ぎたりとか、

あるいは、自分ではこなせなくなって、全ての責任を十分に果たせなくなる時が時として来るんです。

それでも自分としては、できるだけまず、限界、可能性に挑戦し、こなしていこうと必死の努力をしていくようにはしているんです。

しかし、さすがに、これでは、もうその責任を果たしきれず、他の人たちに、迷惑をかけることになってしまう

そう判断せざるを得ないような時には、私としても、必要な関係者に、その旨を伝え、

ある責任においては、他の人に代わってもらうように申し出るのです。



過去にも、何度かありました。

忙しいから、しょうがない、と、任にありながら責任を果たしきれないのを、周りから大目に見てもらえるうちは花ですが、

いつでも、どこでも、誰にでも、通用するわけではありません。

全体を見ながら、全体への支障が出る時、あるいは、果たすべき責任を果たせない時、

自ら、何かを断念しなければならない時は往々にして出てくるものです。



その時に、潔さが問われてくる時があるのです。

おいしい蜜を吸える環境にいられるのだから、

いい位置、立場を与えられているのだから、

そこで十分に責任を果たせなくても、このままでいよう。

このまま放っておこう。




本当はそのような自分の損得を捨てて判断していかなければ・・・

真の潔さを身に付けなければ・・・




自分が果たすべき責任。

その中には、全体のため、時として、

”辞める”、

”断る”、

という責任を果たさなければならないこともあるのです。









posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 00:07 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。