2007年03月22日

環境問題とAIDS

AIDSの問題をコンドームなど避妊法の早期教育で解決しようとした

しかし、逆に、早期の性体験を助長し、その分母を増やし、

結果として、絶対数も拡大させてしまった



環境問題では、過去の失敗を教訓にしなければならない。

すなわち、単なる付け焼刃の、形上の、表面的な防止の取組みだけで解決する問題ではないということを。

この問題を通して、神や自然が私たちに警告しているのは、
あきらかに”心”の問題なのである


利己主義の結末である。



「自分ひとりぐらい・・・」

「どうせみんなやっている・・・」

「これぐらいいいだろう・・・」

「これが最後だ・・・」

「誰も見てないから・・・」



こんな誘惑に、すぐ負けて、

邪心の思いのままに行動してしまう。





形だけの対応もしないよりはずっといい

いや、当然しなければいけない



しかし、”心”の根本が変わらなければ、

新しい物、便利な物、魅惑的な新しいライフスタイルの提示に

単純に吸い寄せられてしまい、

同じことを闇雲に繰り返すことになりかねない。




ゴア米元副大統領は、

環境問題について、

これは、政治問題ではなく、

道徳的、倫理的、精神的な課題だと言った。




そう、人類に問われているのは、

心の変革なのである。









posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 18:25 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。