2007年03月17日

それぞれのルート

同じ所にたどり着くのにも

それぞれのルートがある

逆に言えば、全く違う道に進みながら、

最後、気が付いたら、同じ所にたどり着いている



どうして?

きっと、心の奥底にある思いが、そこに向かっていたのかもしれない


しかし、今、同じ所にたどり着いたと思ったら

誰が、お山の大将になるかで争っている

俺が、俺が、で争っている




なぜ、力を合わせられないのか

なぜ、名を取りたがるのか

なぜ、その位置にこだわるのか

それが目的で、この山を登り始めたのではなかったんじゃないの?




今、それぞれのルートで登り切った人たちが、結集する時が来た

力を合わせる時が来た




だって、この山は誰のもの?



誰のものでもあり、

かつ、

誰かのものでもない







posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 19:46 | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。