2007年03月14日

大変革期の真っ只中にいる私たち

きっと100年後の人たちから見たら、

100年前、西暦2000年頃は、すごい変革の時だったと語られているに違いないでしょう

それは例えれば、今から約140年前を日本にとって明治維新の大きな変革の時期と振り返る現代の私たち同様、いやそれ以上に

とてつもない大きな大きな大変革期にいると言えるでしょう

これほど速いスピードで毎年、変化が生じている現代は、もっと先の時代からその数年から十数年を見ればまさにそういう時代となるでしょう



そして、

あの頃、私の先祖は、先見の明を持って、混迷する時代に、正しい選択を勇気を持ってしてくれたんだ

と称えられているかもしれないし、

あるいは、

なぜ、あの大事な時に、私の先祖は、あんなことをしていたんだろう?

先見の明を全く持たず、目先の利益にばかりとらわれて、混迷する時代の中、愚かな選択をしてしまい、滅びの道へ進んでいってしまったんだ

と恨まれているかもしれない。



そんな大変革期の真っ只中にいる私たち

これは本当にすごいことだ

そんな時代に生まれ合わせた私たち

今の生き方に後悔はないだろうか

私たちの後孫に、誇れる世界を築いてバトンを渡せるだろうか




その責任は大きい

その使命は大きい



その大きさを感じながら、

その重みを感じながら、



新しい世界、新しい時代の、その構築に向けて

まず心の中で、新しい一歩を今踏み出そう

そして、どこかで次の一歩を・・・

歴史は今大きく動いている

乗り遅れるな









posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 21:23 | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。