2007年01月25日

自分の実感

私は、本を読む時、必ず、自分が共感した所や、新たな発見を得た所など、

その時チェックしようと感じた所に、赤ペンで線を引いて、

さらに、そのページのページ数の所に丸印を付けていくという

そんな習慣を身に付けて、長くたっています。



後で、もう一度見るような時は、

赤線を引いた所をぱらぱらと探して、読み返すのです。



もちろん、読み返すまでの期間がそれなりに何年もあると

端からもう一度読み返したら、線を引く箇所も変わっているかもしれませんが、

結構、ポイントをすぐに見つけられていいと、自分では思ってます。



時折、過去に自分が読んで線を引いた所から、少しずつピックアップして

多少感想なども書いていってみようかと思っています。




『何のために生きるのか』五木寛之、稲盛和雄(対談集)から

”僕はそういう実感をいま非常に大事にしなきゃいけないなと思っているのです。

情報があまりに氾濫しているなかで、

自分の実感というものを情報によって修正していくことがしばしばあります。

・・・・・・(中略)・・・・・・でも、後になって振り返ってみれば、

やっぱり最初に直感的に感じたことが正しかった、

というようなことは非常に多くあると思います。(五木寛之)”





⇒これは、結構そうだと思う時が今までよくありました。

もっと自分の感じる世界を大事にしていいのだと思います。

周りの意見に簡単に流されたり、なびいたりしないことは大切だと思います。

一人一人に、繊細で偉大な力が備わっている気がします。

絶対視は危険ですが、大事にすべきと思います。







posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 00:57 | TrackBack(0) | 未分類

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。