2009年01月25日

著作権フリーについて

昨年夏から始めた別のブログで、

私の拙い詩を100編ほど載せているのですが、

その詩に関して、そのブログ内で

すべて"著作権フリー"と書きました

これは私の最近、得られた境地からの考えです。

しかし、そう打ち出す前にある期間、心の中でいろいろな葛藤もありました。



これに関しては、いろいろな意見や反論があろうかとも思っています。

なぜならば、今、ほとんど多くは、逆に、著作権を謳っておられるのが普通だからです。

その理由は悪意ある行為によって損害を被ることを避けるためだろうと思われます。

それはある面、非常にもっともな話だと思っています。だから、そのような動機でそのように謳われていること自体を否定するということでは全くありません。

ただ、私自身は、その行為の動機が

公の利益を思ってのものであれば、宇宙の力によって長い目で見た場合、自然に守られていくであろうし、


逆にもし、

個人的な利益を思ってのものであれば、自然と運も離れていってしまう


ものだと感じるようになったからなのです。



言葉や能力というものは、元々、天から与えられたものであって、

それは例えて言えば、地球上にある様々な自然、水、空気、資源などと一緒で、

今現在は、それらの所有をめぐり、

独占したり、優先的に利益を得ようとし、


国が争い合い、企業が争い合い、人が争い合う様相を呈していますが、

それらは、結局、争い、戦争、そして、

自分勝手に利用し


挙句の果てには、環境を汚染し破壊し、多くの人たちを巻き込み、

共に滅びる方向に向かわせてしまっている


のが現実です。



私の願いは、私が生きてきた道のりの中で味わい、書いてきたことで、

少しでも誰かに勇気や希望を与えることができたなら


ということと、

また、

多くの人が心の底で思い描く理想が少しずつでも現実のものとなっていくこと


です。

ですから、私を通して表出されたメッセージも、その中に何かそういったプラスになる価値が秘められていると感じた方がもしおられたなら、それを

伝えて下さることにブレーキをかける必要は全くない


のです。

悪用されることがあったとしても、

今の時代は悪いものが徐々に浮き彫りにされてきているので、

時間とともに淘汰されていくことになる


でしょう。

ですから、それらの行為に関しては、すべて

各自の良心にお任せする


つもりです。

また、もし、このような拙い詩・メッセージでも、

多くの人、あるいは少数の誰かにであってでも、プラスの結果を与える可能性があると感じて、これらを伝えることに力添えしていただける方がおられるとしたら、この上ない喜びであり、
大いに歓迎する


気持ちで一杯です。



・・・ところで、その後、著作権フリーを打ち出した後に、ちょっと調べてみたら、ある有名な昔の作家の方(ジェームス・アレン氏)が、やはりそのようにしていたことを知りました。

正直、ちょっと心強く感じました。









posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 21:17 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。