2008年12月17日

ある学生時代の知人との縁

ある大学時代の知人の話。

実は大学当時、途中で私自身がその知人が力を発揮していたサークルの活動に背を向けてしまったために、仲が途絶えてしまっていたのでした。

彼は一線で華々しくそこの代表の位置に座り、華やかな道を突き進んだのでした。

しかし、私はというと、一線を完全に退き、何もない、もぬけの殻状態となって、半年近く、日々、ぼーっと過ごし、毎日、それまでを振り返り、後悔の涙を流していたのでした。

そして半年後に私はある悟り、インスピレーションを得て、新たなスタートを切ったのでした。



しかし、その彼とは何か因縁めいたものがあって、その後、入社した会社が同じ会社になってしまったのです。

しかも、やや仲違い状態みたいなところもあったので、別にお互いにどこに入るなんていう情報をやりとりした事もなかったのである。



しかし、私は割と短期間でそこを離れたのでした。

ところがごく最近、そこの20周年の同期会をするということで、ある知り合いから、お呼びがかかったのでした。そして、そこのSNSにも登録する運びになったのでした。

ところが、知らない間に、入社当時同じ部署だったある知人と、その大学時代の知人が、今、一緒に新しい会社を何人かで始めていたのだった。

だから、そのSNSで、私はその彼と、これまで全く音信不通ではあったが、いくらでもメッセージのやり取りをできてしまう位置に置かれてしまったのであった。



それで、しばらくは静観していたが、ある時、これは何か意味があってこんな流れになったんだろうと、私から、当時の自分の不手際の謝罪と、今の活躍と今後のさらなる活躍を応援するメッセージを送ったのでした。



しかし・・・・その後、今のところは何も返事はない。

まあ、恐らくそのSNSをほとんど開くことがないんだと思う。


私としては、もう返事が来る来ないはまったく気にもしてない。

もう話すことなんてないとも思っていたのだから、伝えたかったことを投げかけられただけでもう十分。




あとは時折、彼の活躍を祈ろう。














posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 20:57 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。