2008年10月31日

どういう学校を創りたいか。

あっ、雨が降ってきた。

みんな、雨ってどうして降るの?

・・・

じゃあ、なんで雨が降るのか、つきとめていこう!



そこから、始まる

・・・空に誰かがいて、じょうろで水まいてるのかな?

・・・雲があると降るから、雲と関係あるんじゃないの?

・・・あっ、でも晴れてる時にも雨が降ったことあるよ。

・・・・

とどんどん想像力をふくらませていく・・・

・・・物質についても

・・・自然についても

・・・数量の計算も

・・・雨が多く降る地域とか降らない地域について

・・・雨が降らない原因は?

・・・環境問題って?

一つの疑問からどんどん裾野が広がっていく

常に、どうして?どうして?知りたい!知りたい!から始まっていく



宿題よりも、

知りたい、、、追求したい、、、というテーマをいつも持たせればいいだけ。

そこから、どんどん課題を与えて、リードしてあげる。

全員が画一化された宿題を嫌々やって、勉強嫌いや落ちこぼれや金太郎雨のような子供を育てる必要はまったくない



指導する人自身が、どうしてかな?これってなに?これってすごい!という好奇心や探究心や感動する心を持ってないと対応できない。











posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 18:09 | TrackBack(0) | 感じたこと

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。