2008年09月01日

子供たちに希望ある未来を語れるか

中学生や高校生が、知識を丸暗記する。

意味もわからず。

歴史の年号を。

英単語を。英熟語を。

数学や物理の公式を。



若く大切な時期に、今だにそんなことにばかり時間を費やさせる教育の場であることが悲しい。

子どもたちを指導する立場の世代が、ほとんど教育に自信のかけらもないから、

最も安全と思える方法に流れてしまう。



子どもたちが疑問を呈しても、十分に納得させ、かつ大きな希望を与えることのできる答えを語れる人があまりにも少ない。

そうして子どもたちは、大人の敷いたレールに疑問を持ちながら、やむなく暗記ゲームに時間を費やすか、学ぶことも人と関わることも辞めてしまいさえする。

せっかくこの世に生を受け、この先、どんな人生を描いていこうかと様々な希望を胸に抱き、成長すべき時に、

夢のない大人たちによって、失望させられる。





今からでも遅くない。

大人の私たちが、子供たちに伝えるべく人生の本当の意味や喜びをしっかりとつかみとっていこうではないか。

知識を丸暗記するよりも、受験テクニックを身に付けるよりも、とてつもなく大切な感動や喜びがこの人生にはあることを。



そして、受験の勝利者にならなくとも、誰もが真の人生の勝利者になれるチャンスと能力が与えられているということを。

大人の私たちは、それを身を持って伝えられるように、子供の頃の純真な心を取り戻しながら、

子供の頃の、好奇心に満ち溢れた瞳の輝きを取り戻しながら、、、












この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。