2008年07月12日

伝えきれぬままの感謝の気持ち

伝えきれないでいる思いがある

感謝しているあの人に

いつか伝えなければと思いながら

時はどんどん流れていく



あの時、その人が救いだった

そんな関係がある

その人はどう思っていたかわからないが、

その時の自分にとっては、とてつもない存在となっていた




そんな思いをどこかで伝えたい

前にも一度や二度は何かの折に伝えてはある

でも、なぜだかどうしても、本当に改めて伝えたいという思いが時々湧き起こる

その時、自分が窮地にあったからだと思う

普通の優しさが二倍になって感じられた気がする

その人にとっては、きっといつものことだったのかもしれないけれど

自分にとっては、救いの神のような存在となった




その関係が相思相愛のような場合もあれば、

言わば、片思いのような関係の場合もある

伝えても伝えてもまだまだ伝えきれぬほどの感謝の気持ち

伝えられず、ごめんなさい

この思い、いつか必ず届けたい










posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 09:20 | TrackBack(0) | 感じたこと
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102691206
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。