2008年06月16日

自信を失いかけた時

頑張ってやってみたが、

力を発揮できず、失敗する。

当初の思惑通りうまくいかず、失敗する。




他人の評価が気になる

他人の目が気になる

反応の悪さが気になる

反応のなさも気になる

いい評価を聞いても、慰め混じりのようにも聞こえ嬉しさ半分。

悪い評価はできるなら耳にしたくない思いも湧く、、、



思ったようにうまくいかなかった時、

自分のプライドも崩され、

自信を失いかけていく。


ああ自分はこの程度だったんだ、と。

悔しい気もするけど、

仕方ない気もする。



実はまだまだ力不足。

実はまだまだ経験不足。



自己評価が高過ぎたのかもしれない。

もっともっと上を見て、謙遜になって、貪欲になって、

失敗しながら、それをばねにして登りつめて行くしかない



恥をかいて、それで自信を失って、懲りてしまわず、

影で何百倍の訓練を積んで、次のチャンスに備えよう。



失敗し、自信を失いかけた時、

そこからが本当の勝負の分かれ目。




故意の失敗でないなら、人は自分が思うほど、失敗を責めはしない

プライドが傷つくけど、私が勝手に築きあげたプライド

人からは反って邪魔に見えてたプライドかもしれない。

必要以上の変なプライドをなくすいいチャンスなのだ




自信を失いかけた時、

人はいろいろな思いを抱く

自分の全てが駄目なんじゃないかとさえ思いかねないけど、

もう少し、冷静に、自分を見つめ直してみよう。

そして、もう一度、”何もできない自分なんだ”という謙虚な立場から始めていこう。

そして今度は、単なるプライドじゃない、本当の自信の源を一歩一歩しっかりと固めていこう。



関連記事:『自身を回復する時』


※06年12月に書き、未掲載だった記事より











posted by 大空巡夢(人間力探求家) at 08:51 | TrackBack(0) | "時"
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/100676753
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
つたなき文章、お読みいただき、ありがとうございます 感想(感じたことや思ったこと、賛同わーい(嬉しい顔)のコメント、「読んだ」程度のものから、あるいは、”悪意なき愛黒ハートある”辛口ふらふらのコメントなども) ありましたら、メールメールにてお待ちしております。 メールアドレスは、skajiya4@r9.dion.ne.jp です。下記のメールフォームからでも送れます。 またの訪問をお待ちしております。 ありがとうございました。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。